食生活の悪化が気になる時は、EPAやDHA入りのサプリメントを利用するようにしま
しょう。生活習慣病の原因として知られる中性脂肪やLDLコレステロールの数値を下げ
る効き目が期待されています。
ゴマの皮というのは硬く、なかなか簡単には消化できないので、ゴマそのものを食べるよ
りも、ゴマから取り出して作られているごま油の方がセサミンを補給しやすいと言われま
す。
肝臓は優秀な解毒作用を持っており、我々の健康を維持するのに重要な臓器です。そんな
肝臓を加齢にともなう老化から守っていくためには、抗酸化効果に優れたセサミンの摂取
が有効です。
ヨーグルト製品に入っているビフィズス菌については、お腹の調子を良くするのに重宝し
ます。頑固な便秘や下痢症で苦労している場合は、毎日の食卓に取り入れましょう。
イワシやサバといった青魚の体の中には、健康成分として知られるEPAやDHAがたっ
ぷり含まれていますので、メタボの要因である中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる効
用が期待できるとされています。

加齢と共に関節のクッション材となる軟骨はすり減っていき、摩擦によって痛みを感じ始
めます。痛みを感じたら看過したりしないで、関節の摩擦を防ぐグルコサミンを補うよう
心がけましょう。
「年を取る毎に階段の上り下りがつらい」、「関節が痛くて長時間歩行し続けるのがきつ
くなってきた」という悩みがあるなら、節々の動きをサポートする効果をもつグルコサミ
ンを日頃から補給することをおすすめします。
サプリメントを購入する際には、配合成分を確かめるのを忘れないようにしましょう。格
安の商品は質の良くない合成成分で加工されたものが多い傾向にあるので、購入する場合
は注意を払わなければなりません。
軟骨を生み出すグルコサミンは、カニや海老などに大量に含まれている健康成分です。あ
りきたりな食物からしっかり摂るのは難しいため、市販のサプリメントを利用しましょう

「肥満気味」と定期健診で医師に告知されてしまったという場合は、ドロドロ血液をサラ
サラに戻して生活習慣病のもとになる中性脂肪を低減する効果のあるEPAを補給するよ
うに意識してください。

体の中で作られるコンドロイチンは、軟骨を形成して関節を保護するだけではなく、食物
の消化・吸収を促進する働きがあることから、健全な暮らしを続ける上で絶対必要な成分
として知られています。
過度なストレスが重なると、自身の体の中のコエンザイムQ10の量が少なくなることが
わかっています。普段からストレスを感じやすいという方は、サプリメントなどを用いて
補うようにしましょう。
今ブームのグルコサミンは、年齢を経て摩耗した軟骨を元通りにする効果が期待できるこ
とから、関節痛に苦しんでいるシニア層に盛んに服用されている成分です。
膝やひじなどに痛みを感じるときは、軟骨の生成に関与する成分グルコサミンと一緒に、
保湿成分ヒアルロン酸、弾力のもとであるコラーゲン、そしてコンドロイチンを生活の中
で摂るようにしてください。
青魚にたくさん含まれているEPAやDHAといった脂肪酸にはコレステロールの値を引
き下げる効果があるため、普段の食事に自主的にプラスしたい食材です。